結露防止

結露の原因

打ち放しコンクリート住宅は外気の温度を溜め込んでしまい室内の温度差で結露ができやすくなります。機密性も高いので窓周りなど外気にさらされやすいところは頻繁に結露が発生してしまいます。


夏は打ち放しコンクリートが暖まってしまい、なかなか冷えにくく、冬は冷やされたままでなかなか暖まり難い。
夏が暑い、冬が寒いはこれが原因です。クーラーや暖房で室内と打ち放しコンクリートや外気温との差が大きく結露の原因になってしまいます。


頻繁に起こる結露はカビの発生や建物の劣化の原因となります。内部結露でクロスなどのはがれの原因にもなります。

 

ノン結露

結露を防ぐには断熱をしないといけません。打ち放しコンクリートから室内の熱だけ逃げて水分が残り集まってしまうので結露が発生します。
外断熱は大掛かりになり、断熱材の吹きつけなどは住まわれている状態ではむずかしいのが現状です。室内の壁を塗装で断熱することが出来ます。それが、ノン結露です。

 

ノン結露を結露の発生していた箇所に塗装をすると、結露の発生を抑え、同時にカビ等の発生のリスクを抑制することができます。ノン結露は、塗材というごく薄い塗膜で結露の発生を抑えます。

 

ノン結露 ノン結露

ノン結露は日進産業の塗料です

お悩みなんでもご相談ください!専門家がお答えします!